分譲物件と仲介物件について

不動産

不動産について

分譲物件と仲介物件について

不動産取引をする際に、まず分譲物件か仲介物件かという違いにぶつかります。
これは一体何が違うのでしょうか。
分譲物件とは、売り主である不動産会社から直接購入する物件のことです。
(一部例外として、売り主の販売代理者である不動産会社を窓口に購入するものもあります。
)販売戸数の多い新築一戸建てや新築マンションなどはこちらの分譲物件として扱われることが一般的です。
これに対して仲介物件とは売り主から仲介を任された不動産会社を通して、購入する物件のことです。
このように扱われる物件は、販売戸数の少ない新築一戸出てや中古物件など。
そし仲介物件の場合、仲介業者を通しているわけですから、その仲介料が発生します。
これは事前によく確認しておきましょう。